シアタートレ「ぐっすりおやすみ」


2018年8月4日(土)、ジョイントフェスティバル愛知2018からスェーデンの劇団シアタートレによる「ぐっすりおやすみ」が行われました。

輝きホールのエントランスでパジャマ姿の男の子と女の子が出迎えてホールのステージ上に案内してくれました。初めての設定でビックリ。

小さな子たち用に畳の席が用意されていました。
女の子がたくさんのまくらをもって登場してきました。

さっそく、男の子とまくらの取り合いが始まりました。見ている私たち観客も大笑い。

飛んできたまくらのうえを歩き回って大騒ぎです。
とってもおもしろくて、畳席のちいさなお友達は大声で男の子や女の子のしぐさに、応援したり、思わず、自分がまくらを取りに行くしぐさをしたりして、大喜びです。


一つのまくらに、二人が上になり下になり寝る姿にも大笑い。
男の子が布団を持ち出しました。それをまた、二人で取り合いです。

大きな箱を持ち出して遊びだしました。ベットのようです。このベットも取り合いです。
見ている、ちいさなお友達は身を乗り出して大声を出して笑っています。

箱の上に女の子がまくら、布団で横になります。男の子がオルゴールを鳴らして「おやすみ」「しー」・・・・。しかし、女の子はむっくり起き上がる。この繰り返しにみんな大笑い。
また、二人仲良く箱の上に横になるが、箱が小さいので二人とも落っこちてしまう。

女の子が大きな枕を持ち出す。男の子が大きな布団を持ち出す。大きな布団を広げて二人はそれぞれもぐりこむ。足を出したり、手を出したり大騒ぎ。ついに、つかれてしまい、オルゴールが鳴って二人で揃って寝てしまう。

おしまい・・・・・。

そのあと、大きな布団の中に入りたい子やまくらで遊びたい子は、上がっていって大喜び。

スエーデンからの男の子、女の子の演劇、最高に楽しかった。あっという間の楽しい時間でした。

by WANWAN