学校アウトリーチ2017 衣浦小学校

2017年6月20日(火)衣浦小学校でアウトリーチが行われました。
第1部 オープニングは、不思議ワールドで、児童の目は、パフォーマンスにくぎ付け。
1 ガラスの箱に閉じ込められた人のパントマイム
2 水晶玉・銀の玉を操るふたり、空中に浮かんでいるとしか、見えないパフォーマンス  


3 硬貨探し、児童の体から次々に出て来る硬貨に歓声があがる。
4 トランプマジック、選ばれた一枚のカードが、太ももから身体に入り、口から四つに折りたたんで出てきたとしか思えないパフォーマンス。



5 動かない鞄を何とかして運ぼうと、悪戦苦闘するパントマイム 歩く・走る身体の動きが美しい、ことも大切要素。
6 ジャグリング 3個から5個まで、リズムに載って繰り出されるオレンジのボールに吸い寄せられる。


第2部  児童は、パントマイム・マジック・ジャグリングに分かれて、パフォーマンスの練習
 どのグループも、短い時間で成果あがる指導内容なので、児童は、達成感と練習すれば
もっとうまくなれるという思いを持てた。





第3部  エンディング  児童の拍手で、満足度を確かめた。
 1 質問タイム 
 パントマイム時の鞄は、なぜ動かないのか?
 硬貨は、仕込んで無いのに、なぜ出てくるのか?

 好きな果物は、岡村 すいか  酒田 ドリア  山下 皮のまま食べるぶどう
 好きな乗り物は、岡村 電車  酒田 公園で前後に揺れるもの
 山下 足つぼマット と回答していた。

~アーティストからのメッセージ~
岡村 想像力をを使って、イメージする力を鍛えてほしい。
酒田 失敗を恐れずに練習を続けること。
山下 マジックは言葉が通じなくても、誰とでも、どこでも、仲良くなれる。


衣浦小学校の4年生は、2クラスとも、おとなしい印象をうけました。
静かに、真剣に、見て聴いて、学習しました。

by いなばのしろうさぎ