学校アウトリーチ2017 富貴小学校2日目

2017年6月22日(木)富貴小学校のアウトリーチ2日目が行われました。

富貴小学校のアウトリーチは第2時限目と第4時限目に始まりました。
生徒達が入ってきた時は何が始まるかとの不安そうな
顔をしていましたが、レシオの演技が始まると
おどろきの歓声や拍手がありました。


パフォーマンスで見えない箱の中での動きやガラス球が空間の中で
の動き、2つ3つ4つとボールが増えていくジャグリング、
マジックでは友達の頭から、体からコインが出ると笑いや
不思議なことに、マジックとは判っていても納得できなくて
歓声が上がっていました。


各パフォーマンスに分かれての体験では
パントマイムのコーナーでは岡村さんが壁のふれ方や
ドアノブを使ってドアの開閉などを教えていました。
照れていた皆も吸い込まれ、生徒から先生までパントマイムを
していました。とても楽しそうでした。



ジャグリングのコーナーでは酒田さんが1つのボールを左右に投げることから
教えていました。やはり難しく何度も繰り返していました。ボールが2つ、3つと増えていくとまた大変です。でも生徒達はボールを落としても時間の限り練習していました。
少しでもできるととても嬉しそうでした。


マジックのコーナーでは山下さんがゴムを五円玉の穴に通して動かす方法を教えていました。
山下さん丁寧に教えていました。
ほとんどの生徒ができていた様に思いました。
とても楽しそうでした。ゴムをもらっていく生徒もいました。練習するのでしょうか。


生徒達から質問ありました。
4-3からは
  どんな音楽が好きですか?
  どんな動物が好きですか?
  どんな色が好きですか?
  どんな果物が好きですか?
4-1からは
  好きな人いますか?
  はまっている物はありますか?
  大切な物はありますか?
などの質問がありました。



入ってきた時の生徒達の不安顔つきとは違い、楽しかった、面白かったという声が聞こえました。
良い体験ができたのではないかと思いました。