ゆめプラシネマ 「セッション」

ゆめプラシネマ午後の回は「セッション」

弱冠28歳の天才監督が、わずか3億円の製作費で起こしたアカデミー賞三冠の奇跡。

名門音楽大学に入学した野心あふれるドラマー、ニーマンと、天才を生み出すことに取り憑かれた鬼教師フレッチャー。

才能 vs 狂気。
どんでん返しにつぐ、どんでん返し。
観客は緊張を解くことができない。しんと静まり返った場内。
そして、ラスト9分19秒の衝撃。彼らのセッションと、あの笑顔の意味は?

輝きホールから出てきた観客からは、
「すごいものを観せてもらった!」「こんな映画初めて!」
等々、興奮気味の感想多数。

単館上映で、なかなか観るチャンスのない良質の作品をみてもらえて良かった。
特に「セッション」は若い観客に強くアピールできる作品だったと思う。こんな作品をこれからも提供できるといいなあ。

byルーシー