ゆめプラブログ > 音楽 > ゆめプラモーニングコンサート『イネセイミ・川本晃世デュオコンサート』   [前のページにもどる]

ゆめプラモーニングコンサート『イネセイミ・川本晃世デュオコンサート』

2014年10月15日(水)、ゆめプラモーニングコンサート『イネセイミ・川本晃世デュオコンサート』が開催されました!

今年度第二回目のモーニングコンサートが満席の中、開催されました!

今回は、フルーティストのイネ・セイミさんとピアニスト川本晃世さんのデュオ。

開演は暗闇の中からイネさんのインディアンフルートが響くという幻想的な演出で。徐々にイネさんの姿が映し出されると、舞台両脇にイネ・セイミインディアンフルートメンバー4名も登場し、音色が重なり合い会場全体に響きわたりました。

雰囲気のある演出に、会場は大きな拍手に包まれ、満を持して川本さんが入場・紹介されました。ここからイネさんの楽しいトークのはじまり、はじまり。オープニングの演奏で掴んだ観客の心を、ぐっと引きつけました。


イネさんのフルートを聴くまでの私のフルートのイメージは、静かな湖にしずくが落ちたような、澄んだ優しい音色。しかし、イネさんは数種類のフルートを使い分け、前述の音色に加えて、フルートの力強く、激しい音まで聴かせてくれました。

フルートの音を引き立たせる立役者となったのが川本さんの素晴らしい伴奏でした。ピアノソロ曲2曲も、めぐり会い、子犬のワルツと馴染みの曲でしたが、繊細な表現力が問われるという難しい曲を、見事に演奏してくれました。

常にリピーターが多いというイネさんと川本さんですが、「今日初めて聴きにきた」、「前から聴きたかったのでモーニングコンサートでやってくれて嬉しい」と、初めての方も多く、きっと好印象で帰られたことでしょう。

アンコール曲は2曲メドレーで、全体を通して様々なジャンルを11曲、演奏するという、なんと奥深いマルチのプレイヤーでしょうか。更にアンコールでは自然と観客に参加してもらい、赤とんぼの大合唱。1時間があっという間でした。

私は舞台裏に居りましたが、観客の立場として見ると、素晴らしい演奏に加えMCが非常に楽しく面白く、お客の心を和ませ、プロ奏者の伴奏で合唱もできて、更に終演後にコーヒーを一杯頂いてから帰る。こんなお得で贅沢な水曜日の朝があっても良いのだろうか?そう思わずにはいられません。
この素晴らしい空間を作ってくれたお二人に感謝、感謝です。イネさん、川本さん、ありがとうございました。

by Lucky


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最近の記事 読みたい項目 ゆめたろうプラザ NPOたけとよ login