ゆめプラブログ > 音楽 > 清塚信也×石田泰尚 デュオ・コンサート   [前のページにもどる]

清塚信也×石田泰尚 デュオ・コンサート

2016年10月16日(日)、ピアノ界のプリンス 清塚信也さんと、カリスマヴァイオリニスト 石田泰尚さんのデュオ・コンサートが行われました。

コンサートは、素晴らしい秋晴れの午後でした。
遠くからのお客様も多く、駅から歩いていらっしゃる方もたくさんいらっしゃいます。

今日の演奏者は、ピアノの貴公子清塚信也さんと、バイオリンの組長石田泰尚さん。

お二方共、ゆめプラではたくさんのファンの心をしっかりつかんでいます。

清塚さんは、ソロコンサートの他、竹下景子さんとの朗読劇でのピアノ演奏、武豊中の全小学校四年生を対象のアウトリーチなど、大変お世話になっています。
甘いマスクにすごい演奏、軽妙なトークでファン多数。

石田さんは、昨年5月に響きホールで、トリオリベルタのメンバーとして演奏を聴かせてくれました。その繊細な演奏と、たたずまいのギャップにノックアウトされた人多数。

というわけで、今回のコンサートはお客様の熱望により企画されました。

コンサートは清塚さんのソロから始まりました。風のささやき?と思わせるような静かな優しい音楽。いつの間にかバッハに変わり、またいつの間にかキラキラ星に。
「えっ? プログラム変更?」と思ったら、プログラム通りのショパンのノクターンに。魔法にかけられたようでした。


その後リストとショパンの人間性や音楽性の違いを、「愛の夢」「英雄ポロネーズ」の演奏とお話で聞かせてくれました。作曲家がどんな思いで曲を作ったのか、自由に想像すればいいと教えられた気がします。クラシックの楽しみ方は色々あるんだなあ!

続いて石田さん登場。初めてのお客様は、あまりの迫力のあるお姿にびっくり。いやあ、ただ短髪で黒のシャツとパンツ、演奏者としては割合普通の姿なんですけどね。でも凄みがあるのです。


清塚さんとのデュオで、ブラームスの「バイオリンソナタ第1番」
石田さんの音は無垢な優しさがあるんです。ほとばしる強さもあるんですけどね。
個人的には第3楽章が好きです。美しい!

ここで前半は終わります。



15分の休憩に続いて後半。

石田さんのソロからです。
バッハの「無伴奏バイオリンのためのパルティータ第2番」よりシャコンヌ
やっぱりいい曲だなあ!この緊張感たまらない!

代わって清塚さんの登場。さっきは黒のスーツだったのだけれど、今度は赤。さすが貴公子、お似合いです!
曲は「ガーシュウィン・メドレー」
ラプソディーインブルー、サマータイム、他にも聞いたことのある曲が次々と。もちろんアレンジは清塚さん。とにかくかっこいい! クラシックの世界の住人でジャジーな音楽をこんな風に自由自在に扱える人はあまりいないのではないかしら。というかジャンル分けする必要がないのでしょうね。

再び石田さん登場。清塚さんの衣装替えを見て気づきました。石田さんも衣装替えていたのね。また黒だから、長さがちょっと代わってもなあ。演奏に気を取られていると…。

クライスラーを2曲。
「愛の悲しみ」「美しきロスマリン」
もう胸キュンでございます。言葉はいらない!



そしてプログラムの最後は
ピアソラの「ル・グラン・タンゴ」
2人がお互いに認め合い主張しあい、音楽の幸せを、私たちにも一緒に味わわせてくれる。

余韻に浸っている私たちに、清塚さんがアンコールの仕方をレクチャー。はいはい、しっかり拍手しますよ。ホントに素敵だったんですから。


アンコール曲、最初は清塚さんのソロで
「Baby, God Bless You.」 
~TBS系金曜ドラマ「コウノドリ」より 
清塚さんのオリジナルです。

そして、お二人のデュオで
「フォーエヴァーマン」/エリック・クラプトン
「トルコ行進曲」/モーツァルト、清塚信也編

感動と興奮の幸せな時間を堪能しました。


byルーシー


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最近の記事 読みたい項目 ゆめたろうプラザ NPOたけとよ login