ゆめプラブログ > 音楽 > 宇崎竜童 弾き語りLIVE 2016 JUST GUITAR JUST VOCAL   [前のページにもどる]

宇崎竜童 弾き語りLIVE 2016 JUST GUITAR JUST VOCAL

ギターの弾き語りということで、とても期待していました。ライブは期待以上で興奮しました。
ギターはもちろんのこと語りもゆったりとして、いい雰囲気でした。
「イミテーション・ゴールド」では客席から自然に手拍子がおこり、いきなり会場の一体感を感じました。


宇崎さん演奏

1970年代は米軍キャンプを回って、演奏活動をしていたそうで「ベース・キャンプ・ブルース」などのブルースがいい味をだしてたなぁ。
 映画にも何度か出演したり音楽を提供したりと活躍され、そんな中で愛川欣也さんや菅原文太さんが歌っていた「一番星ブルース」の歌い方のエピソードなど裏話を聞かせてくれました。宇崎竜童さんの人柄がよく現れている話でよかった。また、ラジオの深夜番組で放送するため、いつもより優しい感じの曲にしたという「君の笑顔値千金」も印象にのこりました。
 「YO-SORO」では、ベトナムの高校1年生の作文を紹介して、作った歌でした。
歌は3分間のドラマだと言いますが、まさにそうだなぁと感動しました。
 「お前の為のブルース・シンガー」では「はい・はい・はーい」というかけ声を掛け合い会場か一体になったようでした。

 アンコールの「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」では、サングラスをかけてサービスたっぷりでした。「生きているうちが花なんだぜ」も会場全員で声を出し最高のヒィナーレでした。


By WANWAN


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最近の記事 読みたい項目 ゆめたろうプラザ NPOたけとよ login