わくわくワークショップ ~オリジナルふうとうを作っちゃおう~ 第2回

わくわくワークショップ第2弾。

今回は小学1年生から3年生までの15人です。



講師の先生は、前回と同じく山田梨紗さん。
今回は、服部さんもお手伝いとして駆けつけてくれました。


基本的な流れは、低学年でも同じです。

まずは、机の上の雑貨や布、生花から「デザイン」を考えます。

最初は「どうしよう…」と悩んでいる姿が多かったけれど、
案ずるより産むが易し!

触って、選んで、置き換えて、構図を決めたらデジカメで写真をパチリ。

印刷すれば、あら不思議。ステキな包装紙の完成です。
世界にひとつのオリジナル包装紙ですね。

続いて、包装紙から封筒を作ります。
折って貼るだけでステキな包装紙が、さらにオシャレな封筒に変身しました。

やり方がわかったところで、再び包装紙をデザインします。

今度は床に色画用紙を広げて、その上に素材を並べました。


ビー玉をトンボの目玉に見たてたり、缶バッチを太陽の形に並べたり、色画用紙の上の「小さな世界」が、包装紙のデザインになっていきました。

女の子が多かった今回のワークショップ。

雑貨や生花を手に、目を輝かせながら、さらにかわいくてオシャレな世界を作ってしまうのは、さすがです。

まさに、♪女の子は誰でも、魔法使いに向いている♪(椎名林檎)ですね。

や、もちろん男の子だって、立派に魔法使いでデザイナーだったよ☆


小さな魔法使いにたくさん会えた、夏休み最後のワークショップでした。

byサラダ

わくわくワークショップ第1回はコチラ


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事 読みたい項目 ゆめたろうプラザ NPOたけとよ login